なんとなく仲間入りしたプールで実践に目覚めました!

あ?減量しないとな?と思い、毎月のように見る近所のクラブのチラシを手段にいきなりトライ利用したのが数ヶ月傍。料金もそこまで安いし、お銭湯代わりにも助かるかなと思って出席しましたが、今では日毎向かうほどにハマりました!生まれつき作用が得意な方ではなかったので今まで単になにかの行為をしたという経験はなかったのですが昔からBGMが博士だったからか、BGMに合わせて踊る(運動する?)エアロビクスが楽しくて。識者の方の締まったボディを見ると「私もむかしああいうボディに望む!」とテンションがわきますし、なにより特訓の間は色々なことを忘れて体を動かすことに集中できるのでさんざっぱらリラックスになっています。今では当初の減量しないとな?という事例よりも、単におもしろいから通っているという状態です。体を動かしていると採り入れることにも引け目を捉え辛くなりますし、何となく以前より楽しい人類になったのではないかと自画自賛ですが思います。これからも楽しんで続けたいと思います!http://www.ap4.co/epiler-vio/

ラジオを聞いたり韓国ドラマを見たりしてた

ラジオを聞きました。毎週のように聞いているラジオなのですが、その日には聞けないときがあります。そして、ある韓国ドラマをやっていたので、見ていました。ピアノを弾いているシーンもありました。ピアノをやっていたので、弾きたいなと思いました。そして、勉強しました。ある色の光が網膜の錘体細胞に当たったとき、3種類の錘体細胞がそれぞれどの程度刺激されたかの情報が大脳で処理され、色の感覚(色覚)を生じます。しかし、薄暗がりではたらくかん体細胞は1種類しかなく明暗しか識別できないため、かん体細胞からは色の情報を得ることができず、色覚は生じません。望遠鏡で遠くや近くを見るときは、それぞれに焦点合わせの操作をしなければなりません。私たちの目ではどうしているのでしょうか。ヒトの目には、対象の距離に応じて水晶体の厚さを変えることにより、焦点の位置を移動させて網膜上に正しく像を結ばせる遠近調節のしくみがあります。勉強になりました。http://xn--vio-qi4btbzvkc.xyz/

メガネを久しぶりに買いに行ったときのこと

日頃は使い捨てタイプのコンタクトレンズを装着しています。色々試した結果、2週間で交換するタイプが自分には合っているかな、と感じています。ちょうど2週間でコンタクトの寿命が来るのですごいなあ、と思っています。自宅ではメガネを使用しているものの、長時間はかけないので最後に買ったのはいつだったか忘れてしまったほど昔です。ただレンズが徐々に汚れてきて、洗っても落ちなくなってきたので数年ぶりに新しいメガネを買いに行きました。
最近ではメガネもかなり価格が下がってきていて買いやすくなっていました。せっかくだから最近流行っているものにしようと思い、レンズが丸くて大きいタイプを選んで購入しました。フレームも一番軽いものを選んでおかげで疲れにくくなっています。レンズが大きいとそれだけ視野も広くなって非常に気に入っています。やはりキレイなレンズは掛けていて気持ちがいいです。ケースに入れて大事に使うつもりでいます。ミュゼ キャンペーン

神対応のコーナーなどをやっている番組を見た

19時くらいから放送されていたバラエティー番組を見ました。最初は、神対応のコーナーをやっていました。いろいろな神対応をやっていました。次は、ケチな人のことをお話にしているコーナーをやっていました。今回は、お寿司屋さんでの出来事でした。食べたお皿を戻したりとか、ケチなことばかりやっていました。でも、こういう人は世の中に結構いるんだろうなと思いながら見ていました。こういう人が減ることを願いたいですが、実際には減らないんだろうなと思います。特に大阪にすんでいる人とかはケチなイメージがあるので、多そうな感じがしてしまいます。そして、お皿を隠したりとかもしていましたが、子どもが見ていたので言っていました。次は、ガソリンスタンドでの出来事をやっていました。ガソリン代を強引に値切ろうとする人がいました。そういうことまでする人がいるとは、知りませんでした。そして次は、嫌みを言う課長のコーナーをやっていました。シースリー 予約

あの女優さん、いいイメージでしたがちょっと嫌いになりましたね

今回の高畑さんの息子さんの件では別にこの事件で初めて息子がいたのを知ってなんとも思いませんでしたが、それより高畑さんが自分のブログでこれまで息子の紹介や褒めまくりをしていたらしいということになんか嫌らしく思いましたね。素朴で美人でないから飾らなくていいイメージを持っていたのです、この女優さんには。なんかそこらへんのおばさんみたいで。だけど今回の件でいろいろ雑誌で書かれてましたが、自分の息子をあちこち推薦しまくったり、あちこちで使ってやってくださいなんて言いまくっていたらしいですね。これまで息子さんは音楽活動で駄目、自分の劇団でも駄目だろうということで、でも芸能人にしてあげたいから、あちこちに連れって親ばかぶりを発揮していたそうです。だから今回の件では息子は関心がありませんが、高畑さんんとう女優さんを嫌いになりましたね。そんなことしていたのかと。まあ一言で言うと過保護で、そのしっぺ返しでしょうね。ミュゼ 100円 期間

「女医が教える 本当に気持ちにいいセックス 上級編」

こんな本を買うのは恥ずかしかったのですが、最近は電子書籍にはまっていて、前々から気になっていたこの本を電子書籍で購入しました。お医者さんが書いた本だから、煽るような内容は一切なく、でも女性にも男性にも優しい言葉の数々。その中で一番気になったのは、人工妊娠中絶件数は10代の次に40代、50代が多いというものでした。確かに40代になると妊娠する確立も低いし、実際45才のときに婦人科にいって避妊用ピルをもらおうとしたら「じゃあ、念のためあと一年くらい飲んでおきますか?」という言い方で、まるで必要ないようだったので、うっかりこの年になったら普通は要らないのかなと思いかけてました。パートナーがうっかり(?)ゴムなしで出してしまっても、まあ大丈夫だろうなんて油断していました。今のところは妊娠したことはなく、大丈夫なのですが、やはり生理のあるうちは最後まで避妊に気をつけなくてはいけないと、お医者さんの言葉だからこそ信じられました。医療脱毛 アリシア