注目の野球大会を見て当たり前を疑ってみる

私は、世間が注目している野球大会をテレビに見ました。有名な選手の活躍を期待しながら応援するのは楽しいものです。しかも我が国のチームは強いので大変勝ち進んでいくので嬉しいです。野球の試合については、リードしていくと抑えのピッチャーが登場してきて、相手の勢いを完全に止めてしまう事が多いです。野球は一度リードしてしまえば、あとは失点されなければ勝てるゲームなので、必勝パターンとなっています。抑えのピッチャーは速球派が多いです。速ければ速いほど打ちにくいですから、1キロでも速度を上げる為に長年トレーニングを積みます。そして、一番速い球を投げれるようになったピッチャーが、優秀なプロ野球投手が集まる世界で、厳しい競争を勝ち抜いて晴れて、リリーフエースとしてマウンドに上がれます。150キロは当たり前で160キロを投げるピッチャーもいるほどで、それが常識でした。しかし、リリーフエースが130キロの速球しか投げれなくて変化球で勝負するケースもあり驚きです。銀座カラー 何回